fc2ブログ




今週のGのレコンギスタ 4話

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話 『カットシー乱舞』

Gレコep4 0

ここ1週間MH4Gばっかやってるんでブログの更新が最低限しか追いつけません。
日々アクセスしてくれている方には申し訳ないです。これで来月はポケモンだからなぁ。

※モチベーション維持の為、今後Gレコに関しては感想のみとします。
次々と世界観が紐解かれていく様は見ていて非常に面白いと感じます。
これでもっと台詞回しが独特じゃなかったら万人に受けると思うんだけど…(^^;

今回の話から、キャピタル・アーミィというのはベリルの母ですら知らずに結成された組織の様子。
ベリルの母のウィルミットはキャピタル・タワーの運行長官です。で、そのキャピタル・タワーを守るのがキャピタル・ガード。
つまりキャピタル・アーミィはタワーの防衛に関して直接関与しない組織ということでしょうか。
実際に「アメリア軍とゴンドワン軍に対応する力」という発言もありましたしね。明確にドンパチする勢力だと。
ただ科学技術を進化させるのはタブーらしいですね。色々と抜け道があるみたいですが。
とにかく設立から存在意義まで胡散臭い組織であることは何となく分かります。
これで来週は恒例の仮面の男が出てくるんだからなぁ。「キャピタル・アーミィ所属」という設定で。

そんでもって話を更に踏み込んでみると、キャピタル・テリトリィがエネルギーを統括(独占?)してるせいで、
アメリアはエネルギーの十分な供給ができず、結果的にゴンドワンとドンパチぜざるを得ない状況…ということかな?
キャピタルとアメリアの両勢力の主義を現在までの情報で纏めると、(かなり主観が入ってます)

キャピタル
・宇宙世紀は失敗の歴史である(=下手に宇宙移民してはならない)
・宇宙世紀の失敗を繰り返さない為にも、科学技術の進展はタブー(とは言えど進展してる可能性は絶大)
・エネルギーを正しく使う為、キャピタル・タワーがそのエネルギーを全面的に統括
・あくまでエネルギーは人間が生きる為の必要な分しか渡す気が無い?(ちょっと曖昧)
・ガンダムに関する情報が隠匿されてる?


アメリア
・自分の国ばかりで相手の国の事情を考えないキャピタルに激おこ状態
・エネルギーは誰かが統括しなくても、正しく使えればそれでいい
・ガンダムに関する知識はあるっぽい?


なんかアメリアは宇宙世紀の考え方に戻ってるっぽいですね。
事あるごとに「G」の名前を出してるあたり、ガンダムを反逆のシンボルにしてる可能性も微レ存?
つまりガンダムを使って実質キャピタルが支配してる世界を取り戻すことが「Gのレコンギスタ」?
でもそれ以前にG-セルフの出自自体が不明だしなぁ…

あと前回から引き続き、デレンセン大尉はパイロットとしての実力もあり、軍人として立派な人ということは分かりました。
そんな人があの胡散臭いキャピタル・アーミィと一緒にやっていけるのか少し疑問に思います。

あー疑問しか思いつかねぇ! 監督はキッチリ私の疑問に解答を示してくれるのか。
関連記事
スポンサーサイト




「壁ドン」まで取り入れるとは…

「軍靴の音」が迫ってきた感のあるGレコですが、相変わらずの「会話のドッジボール」。
非戦闘員目線からの描写&ギャグパート、そしてスタッフ一押しの戦闘シーンとこれでもかと詰込まれながら
物語が(ベルリの意思に関係なく)着実に進捗していく様は見事ですd(-_^)
 概ね予想通り、クンパ大佐率いるキャピタルアーミィは本格的な軍事介入を目論んでいます。
レコンギ(キ)スタ、「再征服」というのは嘗ての宇宙世紀に時計の針を戻そうということなのか?
∀ガンダムのグエン卿もそんな目論見を立てて失敗に終わりましたが…(;^_^A
 前回に引き続き無駄にグリグリ動かさないながらもゲタを巧に使った空中戦描写は本作ならではです。
ミノフスキー粒子の通信障害のせいで「意思の行き違い」が起きてしまい自体が悪化する様は富野監督ならではです。
 ベルリは「返せない借りを返す」と言っていましたが恐らくカーヒル大尉の件でしょう。
アイーダの回想での描写やエンディングでベルリを中心にデレンセンと腕を組んでいたりと。
早々に戦死した人物とはいえ有能な人格者だったことが伺えます、監督がインタビューで言っていた
「いい奴も倒してしまうかもしれない(ドヤッ」とはこの事でしょうか?
そしてキャピタル側で同じ立ち位置に居ると思われるデレンセン大尉は…。
 そして今回、Gセルフの実力の片鱗が見え始めました。
ベルリの意思に反応したのか謎のエネルギーの発生は∀を思わせます。
(ビームサーベルを通過した海鳥が無傷だったり、戦う毎に実績解除(?)されたり)
次回は早くもアメリアと敵対するゴンドワン軍と遭遇したり。
謎の「三代目メイジンクンタラマスク」が登場しますし忙しいですねw
[ 2014/10/19 15:55 ] [ 編集 ]

Re: 「壁ドン」まで取り入れるとは…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

やはりシナリオで1番気になるのはアーミィの存在ですね。
クンパ大佐がキャピタルの隔たりを越えて世界へ武力を進出しようとしてることは分かります。
けれどキャピタルは世界で唯一のエネルギー源であるフォトンバッテリーを唯一管理してるんですよね。
所謂「世界の覇者」といっても過言ではないと思います。そんな国が何故2014年目になって他国へ進出するのか…
AC的な考えなら「経年によって秩序が崩れてきたので、世界を立て直すのが目的」といったところでしょうか。

G-セルフの力はオカルトじみてますね。「スコード!」と叫んで力を発揮しているあたり。
フォトンバッテリーを所有しているスコード教の名前が関係してる辺り、G-セルフはキャピタルと切っては離せない関係なのでしょうか。
しかし現在G-セルフは海賊部隊と一緒…
あとアイーダはそろそろカーヒル大尉を成仏させてあげて…w あれじゃ安らかに眠れそうにないですね。
[ 2014/10/25 15:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://doddemokuriasiteyany.blog.fc2.com/tb.php/670-8e227ee9


ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタの第4話を見ました。 第4話 カットシー乱舞 海賊部隊に囚われの身となったベルリはノレドとラライヤを人質に取られ、クリムにG-セルフを動かすように指示される。 「クリム中尉!」 「敵の能力チェックです」 「艦長の許可は!?」 「よろしく取り計らっていただきたい。行け」 「クリム中尉」 「アイーダ様の話が本当ならこの女子にも試させたいの...
[2014/10/18 15:05] URL MAGI☆の日記